5月の節句子供の日の兜・鯉のぼりはいつから出すの?地域での違いは?


五月になるとゴールデンウィークを
楽しみにしている家族は多いと
思います。
 
そんな中で、男の子を持つ
親御さんは端午の節句が
ありますよね。
 
兜や鯉のぼりと色々
用意をしないといけない
ものも多いと思います。
 
その兜や鯉のぼりって
気づいたら周りの家の
人は出してるけど実際
いつから出すのが正しいのか
よくわからないという方も
もしかしたらおられるかも
しれないので紹介していきます。

スポンサードリンク



 

端午の節句って結局どんな日なの??

年配の方は端午の節句の意味を
理解した上でこの行事を
行っていたかもしれませんが、
最近では、周りがやっているから
やる!!って人も多いのでは
ないでしょうか。
あるいは、昔から親がやって
いたから恒例行事になっている
という人もいるかもしれませんね。
 
では、実際端午の節句は
何をすることで何を祝っている
いるのでしょうか。
 
端午=5月初めの午の日
 
を昔はさしていましたが、
今では、午を”ご”と読むことから
5月5日が奈良時代から定着した
ようです。
 
この節句自体は元々、
一族の子孫繁栄を祈願し
行われていた祝い事のようです。
 
それが時代とともに、
兜や鎧=身を守るもの
ということから交通安全・病気から
守ってくださいという祝い事に
時代とともに変化している
ようです。
 
確かに最近子孫繁栄という言葉
時代あまり聞かなくなりましたね。
 
やはり、少子化社会になっている
ことで、1人への愛情の注ぎ量が
増えているんでしょうね。

兜や鯉のぼりはいつ出すの??

この考え方には諸説あるようですが
この日に出してこの日までにしまう!!
という決まったものはないようです。
 
1、3月中旬
これを行う人は、先手必勝と
考えもと早めに出す
 
2、1週間前
5月の節句なので、五月に
入る直前に出す
 
3、春分の日あるいは前後
切り替え時期にするにはちょうど
良いのかこの時期がわたし的には
多いのかなと思います。
 

sponserd link

 
このように特に決まりがあると
いうものではないので、仕事が
休みの日ややる気が出た日など
気分に任せても良いのかなと
思います。

飾る時期や祝いの内容に地域差は??

大きく違うのは鯉のぼりでも
兜でもなく、食べ物!!
 
そう!!柏餅ちまきかの
論争のようです。
 
柏餅は関東
ちまきは関西
 
で別れるようで、
柏餅は東日本で生まれ、
ちまきは中国から伝来し
都であった近畿に広まった
そうです。
 
ここでも関西、関東は
対立するんですね。。。
 
これは面白いと思ったのは
福島県には鯉のぼり禁止の村が
あるそうです。
 
幕末にのぼりを
あげてしまったことで
敵に気づかれてしまい、
攻めてこられたことによるものでは
ないかと言われています。
 
やはり、日本は狭いけど地域ごとに
根付いている文化が違う違うんだなと
改めて思いました。

最後に

兜や鯉のぼりを飾る時期は
決まりはないが大体4月初旬から中旬の
ようです。
地域は調べてば調べるほど、
地域色が出てくるようです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す