【定義】恋愛・結婚・離婚


2015-03-06_223343

なさんは数々の恋愛を重ね、
結婚された方もおられれば
終わった恋愛もあれば、
結婚したけれど、離婚して
しまったというかた
色々おられると思います。

 

そもそも、恋愛結婚離婚
定義ってなんだと思いますか。

ひとそれぞれ価値観が
異なってきている。今、
すべての人にその定義が
あてはまるのでしょうか。

 

スポンサードリンク



まず、恋愛について

2015-03-06_223531

恋愛を広辞苑で調べてみると
こうのっています。

 

”男女が互いに相手をこいしたうこと。
また、その感情。こい」と簡潔に記し、
さらに「恋い慕う」は
「恋しく思って追い従おうとする。恋慕する」
と記す。
その「恋しい」は
「1 離れている人がどうしようもなく
慕わしくて、
せつないほどに心ひかれるさま」
「2 (場所・事物などが)慕わしい。
なつかしい”

 

sponserd link

 

さすが広辞苑ですね。

 

難しい過ぎます。
要するに
”離れていても気持ちは
離れてないからね”
ということでしょう。

 

次に、結婚について

2015-03-06_223844

”「婚姻」の定義として、
「結婚すること」とした上で、
「夫婦間の継続的な性的結合を
基礎とした社会的経済的結合で、
その間に生まれた子が嫡出子として
認められる関係”

 

これは、ちょっと刺激的
ですね。

 

要するに、
”Hによって生まれた子が
婚出子です。と言われたら⇒結婚”

 

なんか複雑ですね。

 

この辺りは、今の世の中で
デリケートで難しい部分な
気がします。

 

最後に、離婚について

2015-03-06_224013

”離婚(りこん)とは、
婚姻関係にある生存中の当事者同士が、
有効に成立した婚姻を婚姻後に
生じた事情を理由として
将来に向かって解消することをいう。”

 

うん。シンプルですね。
ただ将来に向かってと
いう部分が明るい感じが
しますが実際に難しい
問題ですよね。

 

さて、ここまで、恋愛、結婚、離婚について
定義を書いてきましたが、
いかがでしたでしょうか。

 

まぁやはり広辞苑とも
なると説明が逆に
難しいですね。

 

これから、どんな未来が待っているか
解りませんが、人生において
一番難しく理解しがたい
部分が多いことのような気がします。

 

まとめ

 

恋愛
”離れたくない気持ちMAX”

結婚
”離れたくない気持ち70%”

離婚
”離れたい気持ちほぼMAX”

 

といったところでしょうか。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

定義の略については
私の意見なので、
不快に感じられた場合は
申し訳ありません。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す