妊娠中で温泉は危険!?体に与える影響は??


スクリーンショット 2015-12-19 16.57.44

出産後は、
外出が減るだろうし、
生まれる前に、やりたいことは
やっとこという方も
少なくないのではないのでしょうか。

 

やりたいことやって
おくのは大事なことだと
思いますが、妊娠中に
行うと危険なことを
踏まえた上で行動に移す方が
安全だと思います。

 

そこで、今回は、
日本人であればすきな人が
多い温泉ついて説明していこうと
思います。

 

スポンサードリンク



温泉って妊婦には危険は場所!?

スクリーンショット 2015-12-19 16.59.19

温泉に浸かることで、
温泉の効能が胎児や母体に
悪影響を与えるということはない
そうです。

 

また、流産、早産の危険性も
温泉に浸かった場合と、浸からない
場合での確率はほぼ差がない
ようです。

 

なぜ、銭湯や温泉に妊娠中NGと記載されているの??

スクリーンショット 2015-12-19 16.58.51

影響はないと言っても、
実際、銭湯や温泉に行ってみると
妊娠中は・・って書いて
ありますよね。

 

これって、やっぱり影響が
あるからではないのですかと
心配になりますが、
この記載は、運営側の
都合によるものがあるようです。

 

sponserd link

 

もし、浴槽で転んで
しまったりされて
流産しましたと
なると、売り上げへの
影響は大きいですからね。

 

そこで、運営側は、
そういった場合に、対処するために
妊娠中は・・記載しているようです。

 

確かに、銭湯や温泉は
掃除をしていたとしても
滑りやすい環境であることは
まちがいないですからね。

 

妊娠中は、お腹大きくなるため
バランスを一度崩すと、転倒の
可能性が高いです。

 

さらに、最近では、
サウナ・露天風呂といった
利用したい施設が多くあり
その反面、サウナは
暑すぎますし、露天風呂は
一度外に出るので、急激に
体が冷えてしまいますから
体への負担は相当なものなってしまいます。

 

注意することはあるんですか??

 

上記でも記載しましたが、
足元に十分に気をつけてください。

 

また、急激な寒暖には注意が
必要です。

 

また、長時間の入浴は
できるだけ、避ける方が
良いと思います。

 

妊娠中は、体内の血液量が増えるため
血管が拡張しやすくなります。

 

そのため、のぼせやすくなります。

 

のぼせてくらっときた時に
転倒したら大事です。

 

なので、この3点は
十分に注意してください。

 

まとめ

スクリーンショット 2015-12-19 17.00.23

・妊娠中も温泉等の
湯船に浸かることは
問題ありません。

・運営側も妊婦への
配慮ということで、妊婦NGに
しているだけのようです。

・ただ、体に負荷のかかる
行動はしないようにしましょう。
①:長時間の入浴
②:温度差が激しいところに入らない
(サウナ、水風呂、露天風呂etc)
※足元に十分に注意する。

 

出産までにできることは
やって万全の体制で、赤ちゃんを
迎えてあげましょう。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す