妊娠時の高熱と吐き気の対処方法は?胎児への影響は?


スクリーンショット 2015-12-23 11.35.51

妊娠時に心配になるのが、
発熱ですよね。

 

高熱だったら尚更不安ですよね。

 

その際の対処方法について
説明していきたいと
思います。また、その際の
胎児への影響についても合わせて
説明していきたいと思います。

 

スポンサードリンク



高熱への対処方法は?

スクリーンショット 2015-12-23 11.36.31

妊娠中はどうしても、薬には
中々、頼りにくいですね。

 

そこで、妊婦さんは病院に
いくのですが、やはり薬は
出しにくいのが、病院側なんですよね。

 

実際、薬は極力避けたほうが
いいです。

 

なので、その際の対処方法は、
寒気がしたら、厚着をして、
少し暑いなと感じたら、何枚から
服を脱ぐといったことを繰り返し
しっかり汗を掻くことが、重要です。

 

ただ、注意が必要なのは
脱水ですね。

 

sponserd link

 

なので、水分補給はしっかりする
必要があります。

 

最近では、塩分が含まれた医療用の
飲み物も売られているので、
それを、こまめに飲む必要があります。

 

2、3日様子を見た後に
熱が下がっていない場合には、
病院に行ってみた方がいいです。

 

その際、必ず妊娠の旨を
伝えてください。

 

嘔吐の対処は?

 

次に嘔吐に対する対応策ですが、
嘔吐になる、原因としては、風邪を
引いた時に、起こる嘔吐。

 

この嘔吐については、すぐ良くなると
思います。

 

問題なのは、食あたりが
原因である嘔吐。

 

この嘔吐は、体内に入ってしまった
菌を出し切らない限り、良くなりません。

 

本当に辛いですが、ここは
しっかり菌を出してください。

 

この嘔吐についても、脱水が
一番危険です。

 

吐くことは、相当な水分を
失います。

 

こまめに水分を取ることは
もちろんですが、病院で
点滴を打ってもらうのも効果的です。

 

胎児への影響は?

スクリーンショット 2015-12-19 16.58.51
母体の体温が上がると、
羊水の温度が上がります。

 

そのため、胎児の
心拍数も上がってします。

 

あまり良いことではなので、
上記でも書いたように、2、3日様子を見て
熱が下がらない場合には、
病院に行きましょう。

 

受診するのは、産婦人科?内科?

 

病院に行くとなったら考えるのが
産婦人科と内科のどちらで
受診するべきかということですが、
理想としては、「産婦人科のある内科」
ですね。

 

内科がない産婦人科の場合には、
現在、かかっている産婦人科の
先生の指示をあおいでください。

 

症状によってアドバイスをいただけいると
思うので、アドバイスに従いましょう。

 

診断前に、妊娠であることと
何週目であるかとしっかり伝えましょう。

 

それに応じて、医師の方も
対応を決めると思いますので。

 

まとめ

 

・高熱が2、3日続く場合には、
受診した方が良いと思います。

・嘔吐の場合には、しっかり
水分を取ることとひどい場合には
点滴をしましょう。

・受診する場合には、
かかりつけの産婦人科の
先生にアドバイスを求めましょう。

 

高熱や嘔吐は不安に
なりがちですが、あまり神経質に
ならず、先生にアドバイスをもらうことで
少しは、不安がなくなるかもしれませんね。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す