妊娠中の喫煙は旦那さんにも止めてもらうべき?胎児への影響は?


スクリーンショット 2015-12-21 21.56.43

妊娠中は、飲酒・喫煙ともの
避けたほうが良いです。

 

ただ、自分は吸っていないけど
旦那さん吸っているという方は
多いのではないでしょうか。

 

吸うことで、胎児に
どんな影響があるか理解してもらった
上で、禁煙を
行ってもらう方が良いと思います。

 

スポンサードリンク



主流煙・副流煙の違いは?

スクリーンショット 2015-12-21 21.58.20

タバコの煙には、2種類あります
吸っている人がタバコを吸い込んだ時に
取り込むのは、主流煙!!

 

その吸っている人が口から
タバコから立ち上る煙
を副流煙と言います。

 

また、吸っている人から吐き出された
煙を呼出煙と言います。

 

どちらが体に悪いかと
いうと、皆さんも一度は聞いたことが
あるかもしれませんが、副流煙の方が
多くの有害物質を含んでいるようです。

 

sponserd link

 

さらにいうと、副流煙と呼出煙を
合わせた環境タバコ煙という名前に
進化し、最強です。

 

その結果、吸っている人が
近くにいる場合、吸っている人以上に
影響を受けているんです。

 

胎児への影響はどの程度ありますか?

スクリーンショット 2015-12-19 16.58.51

一番気になるのは、胎児への
影響ですよね。

 

タバコの影響は、相当あり
色々な合併症を起こす可能性が
あります。

 

まず、早産・流産の可能性を
高める可能性があります。

 関連記事:妊娠中の飲酒は胎児へ・・・

これは、タバコから取り込まれる
一酸化炭素により、酸素が体に
十分に行き渡らなくなります。

 

そうなると、血液の循環が
悪くなり、胎盤の機能を低下させ、
その結果、流産や早産につながるのです。

 

さらに、お腹の中での、しっかり
成長できなかったことで、低体重(2500g未満)で
生まれてくる可能性もあり、そのことで
抵抗力も弱くなってしまいます。

 

胎児は必死にお腹の中で
生きています。

 

できることなら、赤ちゃんの気持ちに
なって、タバコは吸って欲しいですね。

 

受動喫煙での影響は?

スクリーンショット 2015-12-21 21.57.45

タバコを吸うことによって
上記のような影響が考えられますが
受動喫煙の方が本当は怖い!!

 

最初に説明しましたが、
受動喫煙の方が、有害物質を
多く含んでるんです。

 

受動喫煙は、喫煙者の
2、3倍のニコチンを
吸ってしまします。そのため、
低体重など、喫煙している人と
同じような影響を受けやすいのです。

 

これを聞くと、禁煙しようって
周りの人が思ってくれるといいのですが、
中々、解っていてもどこかで
”大丈夫だ!!”と
思っている部分があるんだと
思います。

 

ただ、本当に喫煙していない人に
対しての配慮は忘れないで
欲しいですね。

 

旦那さんが吸っているなら、
ベランダならとか換気扇の下なら
とかではなく、やめてもらいましょう。

 

ベランダだろうと換気扇の下だろうと
煙は部屋に充満するんです!!

 

まとめ

 

・受動喫煙の方が
胎児への影響は大きい

・旦那さんには禁煙してもらうべきです。

 

本当に胎児は必死に生まれてこようと
しているんです。

 

それを、妨げるのはやっぱりダメですよ。。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す