育児と家事に疲れた際のママがやっている息抜き方法は??


育児に家事にと毎日忙しいママさんは
日頃どんな方法で息抜きをしているのでしょうか。
 
最近は、共働き世帯が専業主婦世帯より
多いのが現状です。
 
少し古いですが、2012年の総務省の調査によると
59%の家計が共働きという調査結果も出ています。
 
これからますます、増えてくることは
政府の政策や人口の点から明らかです。
 
そんな状況の中でも、まだまだ
育児と家事はママというイメージが
根強いのも事実です。
 
要するに、ママは年中無休状態になっていると
いうことなのです。
 
こんなママのために息抜きの選択肢を広げて
もらえたらいいなと思いこの記事を書きました。

スポンサードリンク



1、お風呂にゆっくり浸かる

子供が小さいと一緒に入ることが普通になり、
一人でゆっくり浸かるということができていない
ママは多いと思います。
 
そんなママもたまには、旦那に1、2時間ぐらい
子供見てもらってゆっくり湯船に浸かることも
いいと思います。
 
その際の効率的な入浴方法は少し紹介します。
 
やはり、半身浴が一番効果的にですね。
熱いお湯に肩まで浸かった方が疲れが取れると
いう方もおられると思いますが、
やはり熱いお湯に肩まで浸かると心臓に
負担がかかりすぎてしまうため、
逆に疲れてしまう可能性があります。
 
逆に疲れてしまっては、ストレスが軽減されるどころか
”入らなければ良かった”
となりかねません。なるべく体に負担をかけずに
ゆっくり入って見てください。
 
温度を維持することも重要ですね。
最近では追い焚き機能が付いている家庭が
多いと思いますので、温度を一定に保って
じっくり入りましょう。

sponserd link

2、ドライブ

運転が好きなママにはいい方法だと思います。
運転が苦手なママには逆効果の可能性が高いですので、
好きな方は、ドライブで夜景を見に行くと
いいかもしれません。
 
夜景のネオンは心を落ち着かせてくる気が
私はします。
 
なので、気持ちがモヤモヤしているときは
無性に夜景や星空が見たくなります。
※自論です。
 
 

3、運動


 
好きなスポーツがある人はそのスポーツに
没頭することで忙しい日常をその時間だけは
忘れることができると思います。
 
あまり、運動が得意でない人は軽く
ウォーキングをするのはいかがでしょうか。
 
体を動かすことで、幸せホルモンと言われている
セロトニンの分泌を促してくれます。
 
このセロトニンをいうホルモンは
すごい効果が期待できます。
 
一番大きいのはストレスに強くなります。
毎日、仕事、家事、仕事、家事。。。考えてだけで
ストレスフルですよね。
そんな状況でも、前向きに捉えることができるように
なるようです。

最後に

他にも、映画鑑賞、睡眠、ママ友とランチなど
色々と息抜きの方法はあると思います。
 
色々試して見て私にはこれが息抜きになると
いうものを見つけられた少しは気持ちが
楽になるかもしれませんね。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す