花言葉から考える母の日に贈るカーネーションの選びのコツは??


5月の第2日曜日は母の日ですね。
子供が小さいご家庭では、パパが
手伝って母の日のプレゼント考える
ご家庭もあるのではないでしょうか。
 
そんな時の
贈り物の定番となっている
カーネーションも花言葉が
あるので、その点も踏まえて
ママを労ってあげましょう。
 
労って????????
そもそも労うものなのでしょうか。

スポンサードリンク



母の日ってそもそもどんな日なの?

これが分かっている人はどれだけ
いるのでしょうか。
 
母の日は、元々アメリカのアンナという
女性が亡き母を思い、教会でカーネーションを
配ったことがきっかけで始まったようです。
 
その日以来、5月の第2日曜日は、
母に感謝を伝える日として
行われています。

 

sponserd link

 

労うという言葉より
感謝を伝えるという言い方の方が
響きがいいですね。

なぜ、カーネーションにアンナはしたの?


 
これは、亡き母が白いカーネーションが
好きだったという説が有力なようです。
 
白いカーネーション??
 
白いカーネーションを母の日に
あまり思い浮かべる人は少ないので
ないでしょうか。
 
楽天やYahooなどのネットショップや
高島屋などの百貨店に行っても
白いカーネーションはあまり見ない気が
します。
 
見るのは、色鮮やかな赤・ピンクなどが
主流ですね。

なぜ、白ではなく赤やピンクなの??

これも母の日の起源になっている
アンナが決めたことが由来と
なっています。
 
そもそも、アンナは亡き母に
カーネーションを贈っていますよね。
 
その際に、アンナが母が存在している
人は赤のカーネーション、亡くなっている人は
白のカーネーションという区別を
したそうです。
 
それが由来で、日本でも元々は
白・赤と区別をしていたようですが、
ママがいる人いない人で区別するのは
子供が可哀想ということで、赤に
統一されたようです。
 
結構、当たり前のように
カーネーションは赤!!と
いう風に選んでいましたが
以外に奥が深い理由があった
ようです。
 

カーネーションの色で違う花言葉は?

前置きが長くなってすみません。
本題の花言葉について説明してきます。
 
簡単に説明すると、
ママを愛している人は赤
ママに感謝している人はピンク
 
この二つが一番ベストで無難だと
思います。
 
逆に避けた方がいい色もあります。
黄色、白
 
まず、白は先ほど説明したように
亡き母を偲ぶという意味合いに
なってしまうので、ご健在の場合は
避けた方が良いかと思います。
 
次に黄色です。これは絶対
避けるべきです。
黄色は軽蔑を意味します。
ママを軽蔑しているから
黄色カーネーションを贈る・・・
 
誰も幸せな気分になりません。
もし、花言葉が好きなママだったら
相当ショックです。
 
せっかくの感謝を伝えいる日として
制定されているので、ママに
喜んでもらえる配慮が必要かと
思います。
 

最後に

カーネーションの花言葉は
色によって異なる。
ベストは赤とピンク
バッドは白と黄色
です。これを踏まえて
カーネーションのみでも
いいので、言葉を添えて
渡してみてはいかがでしょうか。

 

パパ頑張ってください!!Good Luck!!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

sponserd link

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。


もしも当記事を読んで気に入ってくださいましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと大変嬉しいです。

コメントを残す